静音CPUクーラーの交換

以前うちの奥さんのPCを新調した記事を書きましたが、このパソコンが爆音パソコンなんですよ。(+_+)

やはり、小さいケースの中に高性能CPUを搭載しているだけあって熱がこもるのでしょう。

特に奥さんがゲームを始めだすとドライヤーかと思うくらいの音でCPUファンが回り始めます。

最初はまあ高性能だし、しょうがないかぁ・・・と思っていたのですが、いい加減うるさく感じてきたのでCPUクーラーを交換することにしました。

 

AMDのCPUにフィットする大型CPUクーラーをパースのPCショップで探したのですが取扱いが少ないですね。

なんとかAustin ComputersでCoolerMaster GeminiM4を見つけました。

日本では風神スリムって名前の商品ですね。IntelにフィットしてもAMDにフィットしないものがあるので注意です。

価格.com – クーラーマスター 風神スリム RR-GMM4-16PK-J1 価格比較

最後の1個だったようです。

CPUファンの交換

 

 

 

 

 
開けてビックリ!でかいですね!

mini-ITXのマザーボードを覆い尽くすくらいの大きさです。右がAMD標準のCPUクーラー。

ファンが大きいと回転少なくても風量を確保できて静かにできます。

 

小さいケースなのでCPUクーラーを交換するのにほぼ全てを外さないとダメでした。

あ~面倒くさい・・・CPUファンが大きくなったので電源やケーブルに干渉しないように組み直すのに手間取りました。

実は一回組み上げたんですが、確認するとCPU温度が50度超えだったので、もう一度ばらしてCPUグリースを塗り直しました。

CPUグリースは少なくても多くてもよくないので加減が難しいですね。

あと、このタイプは裏からボルトで固定するのでネジの締め具合でもCPUの冷え具合が変わってきます。

通常状態で40度以下ならOKじゃないでしょうか。

 

交換した後の音ですが、すっごい静かになりました!

まだ少し「ふぉ~ん」と鳴っていますが、今までとは雲泥の差です。

小さいPCケースは魅力的ですが、メンテナンス性の悪さや排熱性、それによる寿命の懸念も考えると普通のPCケースの方をおすすめしたいですね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ